ngguesut

Twitterのタイムラインを眺めていると「ここは無料チャットじゃないですよ」とか「DMでおっぱい見せてとかありえない」と沢山の女の子が愚痴っているのを見かけます。

プロフ欄やトップツイートにお店や源氏名などを公開している女の子は、その割合は別として少なからず集客も念頭において利用しているのだと思います。

個人対個人で繋がり合うSNSはその構造上「一本釣り」をしているような錯覚を起こすことがありますが、それは大間違いです

SNSを使った集客っていうのは言いかえれば「地引き網で漁をしている」様なものです。

当然その網には食べられるお魚(実際にお店に来てくれる紳士客)も引っかかれば、ゴミ(気持ちの悪いリプやDMを送って来る実利ゼロというかストレスも含めたら差し引きマイナスな糞アカウント)も引っかかります。

何ならゴミの方が多いです。

そういう糞アカウントに「ルールを守ってね」などとアナウンスして躾けようとするのは無意味です。時間の無駄です。

さらに言えば、スカウトや動画系、出会い系などの業者アカウントの場合はプログラムで自動フォローや自動DMしてくるタイプのものもあるので、プロフやトップに「スカウトとホストお断り」と書いていても、全然無視してフォローやDMを送って来ます。
 

とっととブロックしなさい!

じゃあどうすればいいの?って言えば、その方法は1つです。
 
勿体ぶらずに速攻でブロックする
 
のが一番良い方法です。

「長い目で見ればひょっとしてお店に来てくれるかも?」とか「ちゃんと躾ければ心を入れ替えてまともになってくれるかも?」とか考えているかもしれませんが、そんなことはまずありえません。

ビジネス本なんかでも述べられてますが、気持ちよく買ってくれる人にだけ買ってもらうという姿勢の方が、メンタル的にも売り上げ的にも圧倒的に効率がよいです。

とっとと切り替えて増えた時間は自分のために使いましょう。

これは何も風俗だけに限ったことではなく、お店の外でしか会おうとしないキャバクラ客なんかも同じです。運悪くLINEを交換してしまった場合はそっとミュートし、バースデーのときだけ定型営業メールを送りつけて、そのあとは全無視でオッケーです。

お金を落とすという概念がない人はそもそもお客ですらないので、1回来てくれたら1回返事するくらいの扱いで問題ありません。
売り上げにも全く影響ありませんので、時間を割くだけ無駄です。
 

糞アカウントは本強客と同じ

ルールを守らないと言う点では糞アカウントは本強客と同じです。

ルールを守らない人が一番悪いのは当然ですが、気になるのはお店がきちんとそういう違反客を出禁にしているのか?ってところです。



結構な数のお店が客層より今日の売り上げと先ほどのブロックできない嬢と同じように、違反客に対してNGを強く打ち出していないんじゃないか?と感じるんです。



会員制を導入しているかどうか?

これから働くお店を選ぶ女の子は「会員制を導入しているかどうか」を絞り込みの条件にいれてみることをオススメします。

入会金の有無はおいておいて、携帯電話番号で顧客を管理しているお店であれば、一人一人のお客様に関してスタッフが情報を共有することが出来ます。

勿論昔ながらの顔で覚えるってのも悪いとは言いませんが、スタッフの入れ替わりのある風俗業界だと間違って出禁客を案内してしまう可能性はゼロではありません。
 

違反客を排除すると売り上げが増えるの法則

→違反客を排除する
→客層がよくなる
→女の子も安心して働くことが出来、サービスのパフォーマンスも向上する
→ルールを守るお客様が、より快適に遊べるようになる
→リピート率が向上する
→売り上げが増える

 
逆に言えば「会員制を設けていない」とか「カードを渡すだけで実際は管理していない」お店ってのは、いつまでたっても客層もよくならず、その都度違反客に女の子が泣かされる羽目になります。

また、会員制を設けることで「ルールをきちんと守らないと、この店で遊べなくなるかも…」と間接的にルール違反を抑止する効果もあります。
 

自分ルールを設定して断捨離する

SNSの糞アカウントも、営業LINEをやりとりする相手も、ルールを守る気のない違反客も、いざ切る際には闇雲にするよりは自分ルールを設定するのがよいです。

例えば…
 

お店に来たことない人とはDMをしない→DMを送ってきても無視

露出画像交換系や出会い目的系など→即ブロック

姫予約をDMで取って無断キャンセル→即ブロック

嫌みや暴言などのリプやDM→即ブロック

 
などです。

Twitterでの集客はあわよくば〜とか運がよければ〜くらいのスタンスで気軽に取り組むのがよいと思います。