japancreca_00

風俗じゃぱんと決済代行のスターペイメントがコラボして、風俗ポータルサイト初のクレジットカード決済サービス「じゃぱんクレカ決済」が開始されました。

これまでも勿論、店舗ごとにカード対応は可能でしたが、お店ごとに決済会社が違ったりしてインターフェイスがバラバラだったり、10%前後の手数料を取られてたりしていました。

今回の「じゃぱんクレカ決済」は、入口は全て風俗じゃぱん。当然決済画面のインターフェイスも統一されています。

しかも「決済手数料0円」を謳っています。
 

良いこと尽くめではない色々

・風俗じゃぱんのマイページ会員になる必要がある

当然と言えば当然ですが、風俗じゃぱんの会員となり(無料)、カード情報などの個人情報は入力しなくてはなりません。
 
・全てのお店が対応するわけではない

掲載店舗ごとに「じゃぱんクレカ決済」の対応・非対応を切り替えることが出来るので、風俗じゃぱんに掲載されているお店全てが対応しているわけではありません。
 
・手数料無料だけど…

カード手数料は業者を悩ます種の一つです。これまで現金商売していたところに、ひと月後入金&手数料を決済会社に取られるとあって、「何で店が鳴ななあかんねん」と別途ユーザーに加算請求しているお店がほとんどです。

このサービスをお店が導入するにあたって、恐らく「現金歓迎」の方針を打ち出してくると思われます。ありがちな例ですと「カード決済のお客さまはこちらの割引は利用出来ません」や「現金のみポイント3倍!」などですね。
 

今後の発展

課金インフラが整備されると、旅券や美容系のポータルサイトのように「予約と連動」することが技術的には可能となります。

そうなると、これまで問題視されていた「ドタキャン」問題も解消の方向に進むことが出来るようになります。

この新しい試みが業者・ユーザーに受け入れられるかどうか?見守っていきたいところです。