先日、街で変なポスターを見かけました。

といっても自販機の脇とか、ビルとビルの間とか、一般のポスターとは違ってなんでわざわざこんな場所に?という目立たないところに貼ってあるんです。

僕の周りでもたまたま見つけた人が何人かいて「アレ一体なんなの?」と話題になっていました。
 
nazoposter_01


 
「稼げる」
 
の大きなキャッチの次に、「高収入」「男性求人」という文字が目に入って来ます。

僕がこのポスターに対して抱いた最初の違和感は
 
サイト名が見当たらない!
 
でした。

普通こういうポスターは高収入求人サイトとか出会い系サイトとかが大元にあって、それを喧伝するために紙もののポスターを作ってゲリラ的に貼ったりするわけだけど、当然そういったポスターをまじまじ観る人は少ないので、サイト名を大きく載せて潜在的にサイト名を道ゆく人に刷り込むのが第一の目的だったりします。

ついでに広告主である風俗店やキャバクラなんかに「こうやってサイトの認知度を上げる努力をしていますよ。見たことあるでしょ?つまりそれくらい知られているサイトなんです」と、出稿意欲の後押しをするわけです。

であれば尚のこと、サイト名がないと何の意味も無い出来損ないのポスターであると言えるわけです。

もうちょっと詳しく見てみましょう。
 
nazoposter_02



サブキャッチコピーには「お金持ち美熟女の簡単なお手伝い」と書いてあります。


同じようなポスターを他の場所で見つけました。
 

nazopster_03

 
こちらには「男性募集」「セレブ女性の日常サポート」「高収入可能」「ダブルワークOK 余暇で稼げる」

と書かれているだけで、やっぱりサイト名が見当たりません。


ちなみにどちらのポスターにも応募条件なるものがあって
 

・礼儀正しい対応のできる人
・1週間に2~3時間の空き時間でOK
・年齢18歳~70歳位まで

 
などと書いてあります。

どうやらこのポスター、報酬をもらって女性の相手をする仕事の求人ポスターのようです。

きな臭い。というか手口が昭和過ぎてカビ臭ささえしてきそうです。


出張ホスト詐欺
 
こういうのは相当前から存在していて、僕が知る限りでも30年近く前から存在していたと思います。

要するに、セレブ女性とデートしたりあんなことをしたりするだけで、時給1万円以上もらえるという甘い餌をぶら下げて、アレヤコレヤ言って逆にお金をむしり取るタイプの詐欺です。

アナログ時代の(といってもこれもアナログみたいなものですが)出張ホスト詐欺の場合は、仮契約と称してセレブ女性(まぁまぁイケルレベル)が現れて食事やお酒(勿論ゴチ)の後、運営から「先日の◯◯さんが正式にあなたと契約したいと言っています。契約に当たっては登録料と仲介料として10万円かかるのですが、◯◯さんは1回のデートで10万円を提示されておりますがいかがでしょうか?」
 
今10万円払っても、一回会うだけで元取れるし損は無い!なんてスケベ根性を出したらもうおしまいです。

そのままトンズラっていう典型的なオチ以外にも、その本契約一回目のデートで些細なことから難癖つけられて口論→お金ももらえずに女性が怒って退席→後日違約金や迷惑金を請求されたり、デート現場に夫と称する怖いおじさんが現れて慰謝料請求なんていうダブルパンチやトリプルパンチが待っていたりもします。

今回のポスターの場合はそういった昭和の手の込んだやり口はあまり存在しないようですが、登録料(大体3万円|女性の個人情報を扱うので無料というわけにはいかないという主旨の説明)を先に支払う必要があります。

登録料を支払っても女性の紹介なども全くなく、運営に電話が通じなくなるようです。(登録した電話以外の電話は通じるらしいので、着信拒否的な何かだと思いますが...)
 
ウマい話にはウラがある。
 
皆さんも気をつけて下さいね。