「まんだらけ」にアダルト商品販売停止処分 「不可解」と会社側
2022/11/15

古書店大手「まんだらけ」(東京都中野区)の中野区と渋谷区の2店舗に対して、都公安委員会が風営法に基づきアダルト商品を180日間販売停止とする行政処分を決定したことがわかった。
決定は11日付。わいせつな写真集を販売したなどとして5月に社長らが書類送検されたことを受けての措置という。

関係者によると、販売停止の期間は今月18日から来年5月16日まで。対象となった2店舗は、アダルトグッズやアダルトビデオの販売コーナーの商品を販売できなくなる。

同社の社長らは、性器が確認できる写真などが掲載された「ビニール本」(ビニ本)を販売したなどとして5月にわいせつ図画頒布容疑などで書類送検された。
東京地検は事実関係を認定した上で、刑事処罰は求めない起訴猶予処分とした。風営法の規定では、この容疑で摘発された場合、公安委員会はわいせつな物品の販売営業の停止を命じることができるとされている。

まんだらけ「よほどの思い入れがあるようで」とコメント
 
まんだらけは取材に対して「本件は不起訴になった事件ですが、そこに行政処分が下されるという不可解な案件になっております。弊社としては素直に納得はできかねますが、起訴も行政処分もともに警視庁からのお達しと思われますので、よほどこの案件には思い入れがあるようです。弊社はあまりこの件にいつまでも関わって時間を浪費したくありませんので、甘んじてお受けさせて頂く所存です」とコメントした。
朝日新聞