「恋愛感情を利用するよう指南」接客マニュアルを押収 風営法違反容疑の中洲のホストクラブ 福岡
2024/2/1

風営法違反の疑いでホストクラブの代表らが逮捕された事件の関係先から、客の恋愛感情を利用するよう指南する接客マニュアルが押収されました。

■加藤雅大記者
「T容疑者の身柄が検察庁に送られます。上着をかぶっていて、表情はうかがえません。」

1日午後、風営法違反の疑いで送検されたのは、福岡市・中洲のホストクラブ「BAR SEED」の代表、T容疑者(32)ら男3人です。

T容疑者らは去年9月、風俗営業の許可を得ていないホストクラブで、未成年と知りながら15歳の少女に酒やたばこを提供したなどの疑いで逮捕され、店や運営会社の家宅捜索を受けました。

店では、一部の酒の価格が言い値で設定されていたほか、関係先からは客の恋愛感情を利用するよう指南する接客マニュアルが押収されました。

少女「店に行くために援助交際の回数を増やした」

警察に対し、少女は「店に行くために援助交際の回数を増やした」などと話していて、警察はT容疑者らがどのようにして少女ら客に金を出させていたかについても調べる方針です。
Yahoo!ニュース