売掛金払えない女性客を“売春婦として中洲の風俗店に紹介” 元ホストの男らを逮捕 「業界では当たり前」
2024/6/10

ホストクラブでの悪質な売掛金が問題となる中、売掛金を払えなくなった20代の女性客を福岡市・中洲の風俗店に売春婦としてあっせんした疑いで、大阪市の当時ホストの男を福岡県警が今年2月に逮捕していたことが分かりました。

職業安定法違反の疑いで今年2月に逮捕され、3月に略式起訴されたのは、大阪市のホストクラブで当時接客をしていた元ホストの男(26)です。

博多警察署によりますと、元ホストの男は2022年8月、自身が務めるホストクラブへの売掛金が払えなくなった当時20代の女性客を、すでに逮捕されている共犯者数人を介して、福岡市・中洲の風俗店に売春婦として紹介したとされています。

女性はその後、この風俗店で売春をしていて、店の経営者ら3人も売春防止法違反の疑いで逮捕されています。

女性は、この事件の3ヶ月ほど前から大阪市のホストクラブに通い、元ホストの男を指名していて、支払えなくなった売掛金が16万5000円ほどあったということです。

警察の調べに対し、元ホストの男は「これまで何人もの女性客を性風俗店に紹介してきた。ホスト業界では売掛金制度で女性を性風俗店に紹介することが当たり前になっていた」と容疑を認めていて、その後、罰金20万円の略式命令を受けています。

警察庁は去年11月、悪質なホストクラブへの取締りを強化するよう全国の警察に指示しています。
Yahoo!ニュース

 
今なら登録で500円!ホームページで広告収入!
【BannerBridge】アフィリエイトプログラム