歌舞伎町のポーカー店を摘発 賭博させた疑い 2年間で1・4億円売り上げか
2024/6/27

東京・歌舞伎町のビル一室でポーカー店を営業し、客に賭博をさせたなどとして、警視庁暴力団対策課は賭博開帳図利などの疑いで、店長の大長功嗣容疑者(40)=東京都新宿区百人町=ら男女4人を現行犯逮捕した。

容疑を認めている。暴対課によると、店は令和4年6月から約2年間で、約1億4千万円を売り上げていたとみられる。

逮捕容疑は25日午後11時半ごろ、歌舞伎町のポーカー店「エース」で客らに賭博をさせ、「レーキ」と呼ばれる手数料を受け取ったなどとしている。
同課などは同日、店にいた27~43歳の客の男らも賭博容疑で現行犯逮捕した。
産経新聞
 
今なら登録で500円!ホームページで広告収入!
【BannerBridge】アフィリエイトプログラム