東京・新橋のぼったくり被害相談多数の飲食店、風営法違反容疑などで中国籍の経営者ら逮捕
2024/7/10

執拗に客引きを受けた男性客を店に入れた上、無許可で同席接待を行ったとして、警視庁生活安全特別捜査隊は風営法違反と東京都ぼったくり防止条例違反の疑いで、東京・新橋の飲食店「Angei A(エンジェルエース)」経営の中国籍、R容疑者(48)=埼玉県川口市=と妻で従業員のT容疑者(47)を逮捕した。いずれも容疑を否認している。

新橋地区では飲食店でのぼったくり被害が多発しており、中でもこの店を巡っては被害相談が多数寄せられていた。
同隊によると、今年1~5月末に管轄の愛宕署に寄せられた相談127件、被害総額約5000万円のうち、この店をめぐる相談は41件、被害総額は約750万円だったという。
「中国人風の女性に客引きされ酒を飲まされると記憶がなくなり、後日、カード会社から高額な請求が来た」などの相談があった。

逮捕容疑は5月11日午前1~2時ごろ、執拗に客引きを受けた40代男性を店に立ち入らせ、酒を提供して無許可で同席接待を行ったとしている。
同隊はこの他、都迷惑防止条例違反の疑いで、客引きを行った中国籍の女3人を逮捕した。
産経新聞

 
今なら登録で500円!ホームページで広告収入!
【BannerBridge】アフィリエイトプログラム