Screenshot 2020-09-24 at 20.26.00

お店や源氏名を明かしたいわゆる「営業アカウント」(通称”店垢”)で愚痴や悪口、ヘイト発言などをしている損なアカウントをよく見かけます。

これは何も女の子や風俗店に限った話ではなくて、企業や飲食店などの一般サービスでも言えることですが、

ネガティブTweetは様々な可能性を殺す

ということを頭に入れた上でSNSを使いましょう。

どうしても愚痴や悪口を発信したい人は、お店や自分のことは一切明かさずに鍵付きの裏垢で発散してお客さん(どれだけ仲が良くても)とはつながらないようにしましょう。


◯ものは言いよう「マンションポエム」

マンションポエムとは賃貸マンションなんかの広告で見かけるポジティブなキャッチコピーのことです。

JR〇〇駅・地下鉄△△駅からアクセス良好の希少物件!
→実はどこの駅からもあまり近くない

ミニマリスト注目!シンプル&コンパクト物件!
→劇狭、収納なし

つまり悪い条件も見方を変えて発信しているわけです。多くの人には人気がなくても、その用途にバッチリ当てはまる人がいるかもしれません。


◯上手な人のSNSを真似てみる

Twitterを見ていて「上手に集客につなげているな」と感じる人の発信を真似てみるのもオススメです。

ここで気をつけてほしいのが「上手な投稿」=「RTやいいね!(ファボ)の多い投稿」とは限らないということです。

あくまでも集客を目的としている営業アカウントの場合、RTやいいね!をしているアカウントが同姓からの反応ばかりだった場合、当然集客には結びつきにくいです。


SNSが上手な人は周知・ファン化・告知の仕組みや流れを理解して利用しています。

周知・・・まだ自分のことを知らない人に少しでも知ってもらうSNSを使った広報行為の中で一番重要でかつ効果的。

ファン化・・・フォローしてもらってもっともっと自分のことを知ってもらう。

告知・・・フォロワーさんに商品やサービスの紹介をする。


何のためにSNSを使うのか?確認した上で上手に活用しましょう。