2803bc72a03e4a6fe226ad89e4ff58falgmAczYBRtDqzJjy-0


JKビジネスを規制する条例案が2017年3月30日に可決され、同年7月1日に思考されました。

いわゆるJKビジネスとは、JKリフレ(女子高生が男性に個室で簡易なマッサージ)や、JK撮影会JKお散歩などを指します。


◆JKビジネス規制に関する条例の概要

JKビジネスなどを規制する条例案(正式名称「特定異性接客営業等の規制に関する条例」)の主な目的は、青少年(18歳未満の者)の健全な育成を阻害する行為及び青少年を被害者とする犯罪を防止するため、とあります。


2803bc72a03e4a6fe226ad89e4ff58falgmAczYBRtDqzJjy-1



・特定異性接客営業

専ら異性の客に接触する役務等を提供。
青少年が接客していることを明示等する。
青少年に関する性的好奇心をそそるおそれがある。
 
の3つを満たす飲食店は届出の義務が生じます。

また、学校等の周囲200メートルの区域内などの「設置禁止区域」や、「禁止行為」
(青少年を客に接する業務に従事させること、青少年に対して客となるように勧誘すること等)が定められました。


・特定衣類着用飲食店営業

喫茶店等の設備を設けて客に飲食させる。
水着・下着を着用して接客する。
性的好奇心をそそるおそれがある。

の3つを満たす飲食店も同様に届け出の義務が生じます。
こちらは、いわゆるガールズバーやガールズ居酒屋などを規制するようです。

こちらも「禁止行為」(青少年を客に接する業務に従事させる、青少年に対して客となるように勧誘する、18歳未満を客に接する業務に従事させる等)が定められています。

水着や下着でなくとも、きわどい服装を従業員に着させ接客させている居酒屋などは、注意が必要になりそうです。


2803bc72a03e4a6fe226ad89e4ff58falgmAczYBRtDqzJjy-2