ススキノQ&A

susukino-shop.info

ススキノQ&A イメージ画像

広報・宣伝

お店や源氏名を明かしたいわゆる「営業アカウント」(通称”店垢”)で愚痴や悪口、ヘイト発言などをしている損なアカウントをよく見かけます。これは何も女の子や風俗店に限った話ではなくて、企業や飲食店などの一般サービスでも言えることですが、ネガティブTweetは様々な
『百害あって一利なし!今すぐやめようネガティブTweet』の画像

風俗じゃぱんと決済代行のスターペイメントがコラボして、風俗ポータルサイト初のクレジットカード決済サービス「じゃぱんクレカ決済」が開始されました。これまでも勿論、店舗ごとにカード対応は可能でしたが、お店ごとに決済会社が違ったりしてインターフェイスがバラバラ
『(風俗じゃぱん)クレジットカード決済代行「じゃぱんクレカ決済」業界初の試み』の画像

LINEアプリ内で「LINEオープンチャット」と言うサービスがリリースされました。業界的にも、メルマガ以外の広報手段としてLINEはLINE@(ラインアット)など常にその可能性が模索されています。LINEオープンチャットはざっくり言うと、LINEアプリ内にある機能の一つで「誰でも
『【LINEオープンチャット】って何が出来るの?設定の仕方、トークとの違い、利用規約、違反ペナルティなど』の画像

有料の広告媒体を積極的に活用できない小さなお店(ガールズバーやコンセプトカフェ・バーなど)にとって、メインの集客媒体はSNSとBLOGです。Twitterとアメブロは無料で利用できることもあって、長らくそういった業態のお店が好んで使っていた集客媒体です。Twitterのタイム
『そのTwitterの使い方 大間違いです!【客は読まない】ってどういうこと?』の画像

”観光だけじゃなく地元のお客も取り込まないとね〜” 風俗だけじゃなく様々な業態のお店の店主が口を揃えて言うセリフです。そこそこ大きな街の場合は必ず「地元客」だけでなく「出張・観光客」というユーザー層が存在します。札幌・すすきのも、いわゆる地元民(札幌市民
『年に数回のお客様を取りこぼすな!札幌市の出張・観光客の何割が道内から?』の画像

顧客ロイヤリティー(=お客様のお店への愛着度)に応じて、アプローチを変えていくこと、新規客の取り込みや初回リピート率向上について書きました。(参考記事)あなたのお店のピーアール、闇雲になってない?お客様の愛着度に合わせたアプローチ|顧客ロイヤリティーごと
『顧客ロイヤリティーごとのアプローチ方法2。常連はお得感、超常連は特別感』の画像

前回の記事で、顧客ロイヤリティー(お客様の愛着度)について書きました。 (参考記事)あなたのお店のピーアール、闇雲になってない?お客様の愛着度に合わせたアプローチ 今回はその続き、顧客ロイヤリティーによってどのようなアプローチを仕掛けていけばよいか?につ
『顧客ロイヤリティーごとのアプローチ方法。新規は初回で一気に囲い込む?』の画像

顧客ロイヤリティーという単語をご存知でしょうか?ざっくり言うとお客さんがお店にどれだけ愛着があるか?を表す言葉です。その愛着度によって顧客を分類したり、それに合わせて様々なアプローチをすることで集客につなげることができます。分類方法は多岐にわたっていて、
『あなたのお店のピーアール、闇雲になってない?お客様の愛着度に合わせたアプローチ』の画像

風俗情報サイトでも口コミ機能を実装するサイトが結構増えて来ました。後述しますがほとんどの風俗サイトが食べログの仕様を踏襲しています。食べログは歴史の古い口コミサイトの一つで、ユーザーからの信用度も高く”食べログ3.5点以上のお店=ほぼ間違いなくハズレないレス
『口コミサイトとブログはどっちが信憑性あるの?すすきの主要サイトの口コミ機能を比較!』の画像

ヘブンネットの仕様が追加されたとマイヘブン内で告知がありました。簡単に言うと”一定期間更新のない女性をヘブン内で表示しないようにしましたよ”という告知です。 ユーザー側はどういったメリットがあるの?一見してすぐに思いつくメリットは検索や気になっているお店
『ヘブンの新仕様で隠れナンバーワンが消える?』の画像

Twitterのタイムラインを眺めていると「ここは無料チャットじゃないですよ」とか「DMでおっぱい見せてとかありえない」と沢山の女の子が愚痴っているのを見かけます。プロフ欄やトップツイートにお店や源氏名などを公開している女の子は、その割合は別として少なからず集客も
『NG客は今すぐ切りなさい!ブロック&出禁で売り上げがアップする?』の画像

(前回予告)次回は、ざっくりと2005年から2010年にかけたインターネットを取り巻く環境の変化と社内広報担当の仕事内容の変化をお話し出来ればと思います。 今回は基礎編の最終回として、スマートフォンの登場でさらに”いつでもどこでも”アクセス出来るものとなっていっ
『ズブしろからのWEB担当|第十二回〜インターネットがあっという間に日常化した時代(2005年〜2010年)〜』の画像

(前回予告)次回はインターネットの世界にも「データーベース」がやって来た!という話をしたいと思います。(結局辿り着けなかった。すいません。) ウェブデータベースというものが一般的になって、インターネットの情報量は飛躍的に向上していきます。今回はそう言った
『ズブしろからのWEB担当|第十一回〜ホームページにデータベースを組み込んでみた!(2005年)〜』の画像

(前回予告)次回は、HPつまりウェブサイトの進化について、ざっくりと書きたいと思います。 前回は、こういう形で締めくくりました。20世紀最後の年、2000年の声を聞くか聞かないかあたりでは、ホームページビルダーなどのホームページ作成ツールを使って趣味のサイトを作
『ズブしろからのWEB担当|第十回〜ソース直打ち時代からデータベースの時代(2000年〜2005年)〜』の画像

↑このページのトップヘ